スポンサーサイト

--年--月--日 【 スポンサー広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PANの動きがおかしい!

2014年12月31日 【 031.構築/トラブル


久々にノリノリでDTMに励んでいたんだけど
変なトラブルに遭遇した。

ミキサーでパン振り、要は
左側だけで鳴らす、右側だけで鳴らすといった
振り分けをしようとしていたんだけど
左に振ると音が小さくなって消えてしまい、
右に振ると音が大きくなるといった現象が起きた。

FL Studioでやってたんだけど
他のスタンドアロンVSTで試しても同じ現象が起きた。
これじゃボリュームコントロールの動きじゃねーか。

オーディオ・インターフェイスが壊れたのか???(T_T)


Googleとかで調べても全然出てこない。
イライラしてマジで泣きそうだったが、ようやく原因が判明。













イヤホンジャックが半抜け状態だった・・・・




しっかり刺し直したらちゃんと動いた。
お騒がせしましたー。(笑)


2015/01/03:追記

自分のミスと思っていたのだが、これによく似た現象が再発生。
どのイヤホンを使用してもNGだったので、
プラグインの組み合わせによる不具合も可能性あり。

スポンサーサイト

リモートデスクトップを使用後、音が出なくなった

2014年12月27日 【 031.構築/トラブル


Windows7<64bit>からリモートデスクトップで接続中、
リモート先(WindowsXP<32bit>)の音が聞きたかったので
以下を参考に設定を試していた。

■@IT リモート・デスクトップでサウンド機能を利用する
www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/576rdpaudio/rdpaudio.html


その後、WindowsXP側をシャットダウンした後だと思うが
Windows7側が急に音が出なくなった。
正確には時計の1秒刻みくらいの間隔で
「ポツポツポツポツ」と音がする。
で、動画サイトやゲーム、音楽ソフト等を起動すると
「ポツポツ」の間隔が少し早くなる。


WindowsXP側はオンボードのサウンドドライバを用いている。
一方、Windows7側はオンボードのドライバは無効にして
Roland UA25-EXというハードウェアから音を出しているのだが、
この問題の現象が起きている状況でも
Windows7側はデバイスマネージャーにビックリマークはついていなかった。
イベントビューアーも確認したが問題なかった。

UA25-EXのドライバを上書き更新しても解決せず、
泣きそうになっていたのだが、
ドライバをアンインストールから再インストールしたら復活した。
(再起動も数回した)

あまりリモートで変なことはやらない方が良さそうだね。



ちなみにこれが原因とは言いきれないが、
YouTubeやニコニコ動画が「実行1分で停止→数分後に再開→またすぐ止まる」
といった動きになってしまうくらい
ネットワークまでおかしくなってしまい、ルーターの再起動も必要になった。

MediaPlayerで音が出なくなった

2013年02月12日 【 031.構築/トラブル


最近までMediaPlayerで普通に音が聴けたのに
急に音が出なくなった。

ただし、映像は表示できるしMIDIファイルは聴ける。
RealPlayerでは問題なく音が聴けるしDAWも正常に動作する。

MediaPlayer本体かプラグインでもぶっ壊れたか?と
再インストールを試みるもうまくいかず・・・

で、デバイスマネージャを色々探してみると、
MusicLab Virtual MIDI Device
というものを発見。

MusicLabはRealLPCなどの会社だね。
そういえば最近インストールしたな。
こいつを無効にしたら無事にMediaPlayerで聴けるようになった。

なんじゃろね、これ。
MIDIなのに何で干渉するんだ??
とりあえず今は結論が出ず・・・ということで。

Stylus RMXで一苦労

2010年12月28日 【 031.構築/トラブル


先日、Rexファイルがたっぷり入った
サンプリングCDを買ったわけだが、
今日、SAGE ConverterでStylus RMXに取り込んでみた。

相変わらず61文字(?)を超えるファイル名は引っかかる・・・
CDによってはファイル名にご丁寧にもCDの名前まで
ついていたりするんよ。
これを消すのがホントに面倒。

なのでファイルをリネームできる
フリーウェアを探してきて変換した。
まぁ、自分でも作れるけどね、リネームツールくらいは。
仕事で使うものは自分で作ったものも多いし。


で、それはよくある話なのだが、
きちんとコンバートして
Stylus RMXで実際にUser Librariesを覗こうとすると
全く反応がない・・・・

Core LibraryやEXP Librariesは問題ないのだが
User Librariesだけが反応しない。
昨日まではUser Librariesも問題なかった。


????


結構長時間格闘。
なんせUser Librariesだけで10GB近くあるから
一旦、別のフォルダに全て移動させて
少しずつ戻して確認してたから、大変。

んで、原因は何とかつかめた。


D:\Spectrasonics\SAGE\SAGE Libraries

└─User Libraries


└─ Folder1


└─Folder2
│ data.xml

└─Folder3
Audio



上記の例だと
User Librariesより後に3階層のフォルダがあって、
3階層である「Folder3」の直下に「Audio」というファイルが
置いてある形になっているが、
どうもこれよりも深い階層にはできないようだ。


もう少し具体的に言うと


D:\Spectrasonics\SAGE\SAGE Libraries

└─User Libraries    ← Core LibraryやEXP Librariesが選択できる
│             コンボの中に表示される値(固定値?)

└─ Folder1      ← 上記コンボの真下にある
│            大分類用コンボの中に表示される値

└─Folder2    ← 「Suites」に表示される値
│ data.xml

└─Folder3  ← 「Elements」に表示される値
Audio




よくよく考えると
確かにこれ以上階層があると表示がおかしいよなぁ・・・
今更!?って感じだが、いいじゃん、年末だし。(え?(笑))


Recycle!でもwavファイルからからバリバリ
Rexファイル作りたいんだけど、
なぜかwavファイルによっては
うまくスライスできないものがあるんだよね・・・

きちんとスライスしたのに
Stylus RMXを通してDAWにMIDIを貼り付けてみると
鍵盤一音だけにアサインされているんだよね。
要するにスライスできてないってことだよね?

ただ、たまにReason Adaptedではきちんと
スライスが認識できているものもあるんだよ。
その辺の法則性がまだ見出せない。

microKORG XLのボコーダーの話

2010年10月16日 【 031.構築/トラブル


microKORG XLにはマイクが一緒についている。
実はこれを使ったことがなかった。

コルグ シンセサイザー/ボコーダー microKORG XLKORG MK1XL MICROKORG XLコルグ シンセサイザー/ボコーダー microKORG XLKORG MK1XL MICROKORG XL
()
コルグ

商品詳細を見る


サンプリングCDを聞いている時、
ふと思い立って押入れからそのマイクを引っ張り出してきた。

ってことでFL Studio9と連動する流れをざっと紹介。
おっと、AUDIOケーブルはちゃんとつないでおいてね。
つなぎ方はこちらから。


1.マイクを装着

 まずはマイクを本体フロント・パネルに装着。
 ※ドキュメント8ペ-ジの図の18番


2.リア・パネルのスイッチを変更

 XLRとLINEの切り替えスイッチが
 背面のAUDIO IN枠内にあるので「XLR」に設定。
 ※ドキュメント10ペ-ジの図の4番


3.PROGRAM CATEGORYの設定

 本体フロント・パネルのデカいノブ右側
 8の「VOCODER/AUDIO IN」に設定。
 ※ドキュメント8ペ-ジの図の6番


4.PROGRAM GENREの設定

 本体フロント・パネルのデカいノブ左側
 とりあえず6の「HOUSE/DISCO」に設定。
 液晶では「ROBOTVOC」と表示。
 ※ドキュメント8ペ-ジの図の5番


5.録音・・・の前に

 ステップシーケンサーにピアノとかドラムなどがあると
 下手すりゃ鳴ってしまったりする場合があるので、
 「Sampler」あたりにしておくといいかな。
 Channel settingsのFXはとりあえず1番でやってみるよ。


6.Mixerの設定
 
voco_s.png


 Mixerの設定をしよう。
 右上をAUDIO INとなるように設定し、
 その下にEdisonを登録する。
 録音した後でイフェクタをかけるのもいいが、
 録音時にイフェクタをかましてみるのも面白いかも。

 注意点。
 図の左下の赤丸で囲ってある黄色いマークは
 録音時はクリックして消しておこう。
 マスターに音が流れてしまうので。
 (サーって感じの音が聞こえていると思う)

 あとはEdisonの録音ボタンをポチって
 鍵盤弾きながら喋りまくろう。

 終わったら右上のINをnoneにして
 録音データをEdisonの画面で保存しておこう。



有識者から見ると
何か面倒なやり方になってしまっているかもしれないが、
こちらも勘でやっているので許してちょうだい。
 
プロフィール

Author:らんばーど





-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

広く浅く、内容薄く。
自分のペースで楽しく学ぶ。

あなたに役立つ情報が
奇跡的にここで見つかれば
嬉しいですね。
※拍手歓迎(笑)

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

【64bit環境】
Windows7 Professional
Core i7-3930K C2-Step
16GB RAM

【32bit環境】
WindowsXP Professional
Core2 Duo E8600 3.33GHz
4GB RAM

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

【音楽の目指すポジション】

自分の気持ちを
素直に表現できる、
そんな音楽が
作れるようになりたい 

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

記述内容の正確性、
および動作保障等に関して
一切責任をもちません。

カテゴリ
ブログ内検索
最新記事
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。