スポンサーサイト

--年--月--日 【 スポンサー広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

データベースとユーザーを作成してみた

2009年03月28日 【 002.SQLServer


苦労してインストールしたSQLServerに対し
今回はデータベースとユーザーを作成してみることにした。

OracleとSQLServerでは
データベースとインスタンスの考え方が違うようだ。

Oracleの場合、
データベース ≫ インスタンス ≫ ユーザー
だけれども
SQLServerの場合は
インスタンス ≫ データベース ≫ ユーザー
のようだ。

SQLServerの方の「データベース ≫ ユーザー」の表現は
微妙な感じもするな。


この(SQLServerの)形式はいろいろメリットがあるな。
Oracleはユーザー(スキーマ)を消すと
テーブル等、みんな消えてしまうことになるが、
SQLServerはデータベースを消さない限り
テーブル等が消えることはないようだ。
つまり、SQLServerは
ユーザーを細かく管理したいような運用にはもってこいだ。
ActiveDirectoryとの連携もしやすそうだな。さすが。

#Oracleもいろいろやれば同様なことが実現できるけどね


今回のデータベースとユーザーの作成は
Microsoft SQL Server Management Studio を使用した。
一応SQLスクリプトを見てみたが、あまり複雑さは無いね。

あと、データベースの作成が早かったのが驚いた。
やはりOracleとは仕組みが全く違うね。


[マシン名]\SQLINSTNM

├─システム データベース

└─Oracle
   └─ユーザー
       scott

データベース:Oracle
ユーザー:scott


こんなの作ってみた。
やはり私はこれの方が慣れてるw
スポンサーサイト

SQLServerへの接続テスト 改修

2009年03月26日 【 002.SQLServer


SQLServerへの接続テストのプログラムを少し変更してみた。



Form1.vb

Imports System.Data.SqlClient

Public Class Form1

Private Sub Button1_Click(ByVal sender As System.Object, _
ByVal e As System.EventArgs) Handles Button1.Click

Dim Class1 As New Class1
Dim strSQL As String = ""
Dim rdr As SqlDataReader

With Class1

Call .Connect("sa", "blogblog", "blogpc20", "master")

strSQL += "SELECT top 3 CONVERT(VARCHAR,object_id) + " & _
"'-' + name FROM SYS.INDEXES"

rdr = .ExecReader(strSQL)

While rdr.Read()

MsgBox(rdr(0))

End While

Call .DisConnect()

End With

End Sub

End Class



Class1.vb

Imports System.Data.SqlClient

Public Class Class1

Dim Cn As New SqlConnection

Sub Connect(ByVal strUID As String, ByVal strPWD As String, _
ByVal strSERVER As String, ByVal strDATABASE As String)

Dim strCnString As String = ""

strCnString += "Integrated Security=False;"
strCnString += "UID=" & strUID & ";"
strCnString += "PWD=" & strPWD & ";"
strCnString += "SERVER=" & strSERVER & ";"
strCnString += "DATABASE=" & strDATABASE & ";"

Cn.ConnectionString = strCnString
Cn.Open()

End Sub

Function ExecReader(ByVal strSQL As String) As SqlDataReader

Dim cmd As New SqlCommand(strSQL, Cn)
Dim rdr As SqlDataReader = cmd.ExecuteReader()

Return rdr

End Function

Sub DisConnect()

Cn.Close()

End Sub

End Class



両方にImports System.Data.SqlClientを
書いてあるのがなんとも気持ち悪い。
この辺が勉強の課題か。

作り方はODP.NETと似たようなもんだね。
# ある意味逆だけど

SQLServerへの接続テスト

2009年03月25日 【 002.SQLServer


プログラムを書いてみた。



Imports System.Data.SqlClient

Public Class Form1

Private Sub Button1_Click(ByVal sender As System.Object, _
ByVal e As System.EventArgs) Handles Button1.Click

Using cn As New SqlConnection("Integrated Security=False;" & _
"UID=sa;pwd=blogblog;" & _
"server=blogpc20\SQLINSTNM;" & _
"database=master;")

cn.Open()

Dim cmd As New SqlCommand("SELECT top 3 CONVERT(VARCHAR,object_id) + " & _
"'-' + name FROM SYS.INDEXES", cn)

Dim rdr As SqlDataReader = cmd.ExecuteReader()

While rdr.Read()
MsgBox(rdr(0))
End While

End Using

End Sub

End Class



メッセージボックスがちゃんと3回表示されたよ~(^0^)/
databaseの意味が違うことを思い出すのに時間がかかった^^;


SQLServerって難しいなぁ。
Oracleも12gとかだとセキュリティが厳しくなるのかな。

ファイアウォールの例外登録

2009年03月24日 【 002.SQLServer


SQLServer2008はどうも外部からは接続できないというのが
デフォルトということだったので
ファイアウォールの設定方法を調べてみたので実践。

ウィルスバスターが入っているから
Windows側でやってもダメな可能性もあるのが懸念材料。

データベース エンジン アクセスを有効にするための
Windows ファイアウォールの構成方法


とりあえずこの辺を参考に設定してみた。
ポートの設定とプログラムアクセスの設定が書いてあったので
どちらも設定してみた。
んで、ODBC接続の設定をしてみたら・・・うまくいった!

ポートの設定?プログラムアクセスの設定?
とりあえずポートを外しても動いたので
これでよしとしておくか。

今度はVBあたりから接続の調査だな。

腹筋崩壊w

2009年03月23日 【 050.ニコニコ動画


まずはこれを見てください。
長いけど楽しいです。




その後でこのパロディを見てください。


プロフィール

らんばーど

Author:らんばーど





-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

広く浅く、内容薄く。
自分のペースで楽しく学ぶ。

あなたに役立つ情報が
奇跡的にここで見つかれば
嬉しいですね。
※拍手歓迎(笑)

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

【64bit環境】
Windows7 Professional
Core i7-3930K C2-Step
16GB RAM

【32bit環境】
WindowsXP Professional
Core2 Duo E8600 3.33GHz
4GB RAM

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

【音楽の目指すポジション】

自分の気持ちを
素直に表現できる、
そんな音楽が
作れるようになりたい 

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

記述内容の正確性、
および動作保障等に関して
一切責任をもちません。

カテゴリ
ブログ内検索
最新記事
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。