スポンサーサイト

--年--月--日 【 スポンサー広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮想プライベート・カタログ 勉強中

2009年12月31日 【 001.その他


Gold勉強中にあたり、備忘録的に書いておこうと思う。
※間違いに気がついたら知らないうちに訂正しているかもw

事前知識となるカタログ・データベースの概念はこちらのサイトが詳しいかな。
あと、こちらも合わせてどうぞ。


カタログ・データベースには
複数のデータベースのバックアップ情報が保管できる。

ただ、ここには問題がある。

みんなが共有して使っているから、他社のバックアップをいじれてしまう。

例えば客先のリカバリ・カタログに
「システム業者A」が管理する会計データベースと「システム業者B」が管理する販売データベースの
両方が一元管理されていた場合、
両者ともcat_masterユーザー(←名前は適当 要はリカバリ・カタログのオーナー)で
リカバリ・カタログに接続するので
「システム業者A」が「システム業者B」のバックアップを誤って消したり出来ちゃうわけ。

これを何とかしようということで
仮想プライベート・カタログ」ってのが11gから導入されたらしい。

cat_masterユーザーで一元管理する体系は変わらないんだけど
別途、「仮想プライベート・カタログ」って概念が誕生した。
※一応、一元管理がウリなんでね。
 あと、「仮想プライベート・カタログ」に対し実際のカタログは
 「ベース・リカバリ・カタログ」と言うらしい。


「ベース・リカバリ・カタログ」の中で
「システム業者A」の範囲はこれですよ、「システム業者B」の範囲はこれですよ、
っていう仮想の枠組みを作るって感じかな。

「システム業者A」は例えば「vpc_sysa」というユーザーで
「仮想プライベート・カタログA」に接続し
「システム業者B」は「vpc_sysb」というユーザーで
「仮想プライベート・カタログB」に接続することで
両者が干渉しないようにすることを実現したものだと思う。


「仮想プライベート・カタログ」では以下のGRANT文が重要になる。


●GRANT RECOVERY_CATALOG_OWNER TO ~

GRANT RECOVERY_CATALOG_OWNER TO vpc_sysa;
GRANT RECOVERY_CATALOG_OWNER TO vpc_sysb;



RECOVERY_CATALOG_OWNERロールを
「仮想プライベート・カタログ」ユーザーである「vpc_sysa」「vpc_sysb」に付与する。

※RECOVERY_CATALOG_OWNERの詳細は「Oracle Databaseセキュリティ・ガイド」を参照


●GRANT CATALOG FOR DATABASE DB名かDBID TO ~

GRANT CATALOG FOR DATABASE sysa_kaikei TO vpc_sysa;
GRANT CATALOG FOR DATABASE sysb_hanbai TO vpc_sysb;



「システム業者A」のsysa_kaikei(会計システムデータベース)はvpc_sysa、
「システム業者B」のsysb_hanbai(販売システムデータベース)はvpc_sysb、
という切り分けをこのGRANTにて行う。
これにより仮想的な枠組みを作り、
互いに別業者の部分の「ベース・リカバリ・カタログ」は見ることができないことになる。


GRANTでそれぞれ権限を与えたら
「仮想プライベート・カタログ」ユーザーで「ベース・リカバリ・カタログ」に接続し、
「仮想プライベート・カタログ」を作成する。

例:「システム業者A」が作成する場合


CONNECT CATALOG vpc_sysa/password@BASE_RECOV_CAT
CREATE VIRTUAL CATALOG;





・・・これで合ってるのかな?w

# それにしても「仮想」って言葉が流行りすぎだなぁ
スポンサーサイト

携帯電話のアンケート

2009年12月31日 【 500.戯言/その他


渋谷や家の近所で
「携帯電話のアンケートをしている」って言って
紙持って近寄ってくる人に遭遇したことある?

あれ、根本的におかしいのは

明らかに携帯電話とは無縁のオバちゃんたち

であること。
せめて「年金に関するアンケート」とかにしておけよw

アンケートなら代理店や、街中の1畳程度のショップの方が
よほどアンケートが集まるじゃねぇか。


きっと○天みたいなマルチ商法、ねずみ講系か
もしくは新手の宗教だな。


逆に、若い人が勧誘に来たら
それはそれでかなりのお金を持っていかれるな、きっと。

気をつけるべし。

iStudy for Oracle Master Expert RAC

2009年12月25日 【 001.Oracle


正式な製品名称ではないけれど
Expert RAC版のiStudyも持ってたりする。

私のマシンでVM2個立ち上げられるかな・・・
まぁ(11g版だけど)講習会は受講しているので
テキスト(iStudy Viewer)と黒本とこの教材で3ヶ月計画といくかな。


オラクルマスター教科書 ORACLE MASTER Expert 【RAC】編(試験番号:1Z0-048J)オラクルマスター教科書 ORACLE MASTER Expert 【RAC】編(試験番号:1Z0-048J)
(2008/05/20)
株式会社システム・テクノロジー・アイ 代田 佳子

商品詳細を見る


これも明日から始めよう。

iStudy for Oracle Master Gold DBA11g 正式版取得

2009年12月25日 【 001.Oracle


以前、こちらで書いた11gGold用のiStudyが
ようやく完全なものとして問題数が大幅に追加されたよ。

これはとりあえずは明日から1月末まで頑張ろう。
ネットで調べてみたが、本試験は相当手強いらしい。
新機能の方が楽?(今更?w)

まぁとりあえずはやってみるかな。

FLStudio で Stylus RMX のMIDI ファイルいじり

2009年12月13日 【 031.構築/トラブル


FLStudio で Stylus RMXのMIDIいじりをやってみようと
とにかく無茶苦茶やってみた。
ここがStylus RMXのウリの一つでもあるんだから使えなくちゃねぇ。

※正確に言うと「MIDI」ではなく「MIDIのように扱う」が正しい表現


(1)「Step sequencer」 に 「Stylus RMX」 を追加する。

stylus_1213_1.png


(2)1番であることを確認する。
   まだこの部分の名称が分からん・・・orz

stylus_1213_00.png


(3)音を選び、「MIDI FILE」 を 「Step sequencer」 の
   空いているところへドラッグする。

stylus_1213_2.png


(4)Channel指定画面が出てくるので
   一番を残してそれ以外は右クリックで消してしまおう。
   その後、右下のチェックマークを押下する。
   ※10番は何となくやめておいた方がよさそうだ

stylus_1213_3.png


(5)なぜか 「Sampler」 になるのでかなり悩んだ・・・
   とりあえず、右クリックから「Replace」を選び、
   「MIDI out」 に無理矢理すり替えてしまおう。

stylus_1213_4.png


(6)「MIDI out」 と 「Stylus RMX」 のポート番号を
   値は任意だが等しくなるように設定する。

stylus_1213_0.png


(7)2つ目以降をセットしたい場合は
   (2)を2番以降にセットし、(4)も2番以降に設定しよう。



何となくこれでいけちゃったんだけど
こんなんで大丈夫なんだろうか?^^;

一つ注意として、このやり方だと
FLStudioの 「Mixer」 でイフェクトをかける時、
「Stylus RMX」 全体に対してイフェクトをかけることになるんだよね。

逆に言えば 「MIDI out」 でFXの割り当てが出来ないので
個別にイフェクトがかけられないってわけ。
個別にイフェクトをかけるのはStylus RMXの機能の方で行うってことになるのかな。

どうしてもFLStudioの 「Mixer」 で行いたいのなら
「Stylus RMX」 を複数、「Step sequencer」 に追加するんだと思う。
しかしその分、負荷がかかるということだな。


あ~、ほんとわっかんねぇ。(笑)
悩んだ末に行き着く結果は「音が出る」だから
目的が明確な分、楽しいけどね。


2012/05/13 追記
ちなみにStylusRMXをStep sequencerでなく
ミキサーの方で追加することもできるよ。
どちらが良いかはよく分からないけどね。
プロフィール

Author:らんばーど





-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

広く浅く、内容薄く。
自分のペースで楽しく学ぶ。

あなたに役立つ情報が
奇跡的にここで見つかれば
嬉しいですね。
※拍手歓迎(笑)

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

【64bit環境】
Windows7 Professional
Core i7-3930K C2-Step
16GB RAM

【32bit環境】
WindowsXP Professional
Core2 Duo E8600 3.33GHz
4GB RAM

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

【音楽の目指すポジション】

自分の気持ちを
素直に表現できる、
そんな音楽が
作れるようになりたい 

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

記述内容の正確性、
および動作保障等に関して
一切責任をもちません。

カテゴリ
ブログ内検索
最新記事
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。