スポンサーサイト

--年--月--日 【 スポンサー広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時代に追いつきましたw

2010年10月24日 【 030.音楽全般


時代に追いついた・・・というわけではないが
先日、ようやくMP3プレイヤーの新しいのを購入。

iriver 高性能デザイナーズオーディオプレーヤー E30 MATTE 4GB ブラック 52時間再生 FM予約録音 再生速度調整可能 E30-4GB-BLKiriver 高性能デザイナーズオーディオプレーヤー E30 MATTE 4GB ブラック 52時間再生 FM予約録音 再生速度調整可能 E30-4GB-BLK
(2010/05/28)
アイリバー・ジャパン

商品詳細を見る


↑これの8GBを購入。

前のも実はiriverで1GBだった。
52時間再生とか最強だろ、これ。(笑)


早速、藤巻氏のコード作曲法とDTMMの音声講座全部と
お気楽道場(祝・復活)もコピー。
まだまだ余裕で入るぜぇ!

使い勝手はまぁまぁ。
ちょっと文字化けが気になるけど
画面なんてあんまり見ないし、個人的には問題なし。


そうそう、一つ困ったことに
USBをPCに直挿ししないと
うまく転送できないから注意。
途中で接続が切れたり、つながったりするんだよね。
 
スポンサーサイト

コード作曲法~藤巻メソッド~

2010年10月20日 【 031.参考書籍


まぁ、今後書くことはないと思うけど(・・・書いてるけど :2014/12/25時点)、
どうしてもAmazonでレビューしたかったので
プロフィールを登録して書いてみた。


コード作曲法 ~藤巻メソッド~ DVD-ROM付コード作曲法 ~藤巻メソッド~ DVD-ROM付
(2010/03/11)
藤巻 浩

商品詳細を見る



いい本なのにさぁ・・・★1つ評価の奴がいるんよ。
感想見たら、本のせいじゃなくて自分のせいじゃんか、って感じたんだよ。
1回通読(通読まで達していない)で作曲できるとかどんだけ「ゆとり乙」なんだよ・・・
そういう奴は「作った曲を1回聴かれて、ハイ、終わり」となると思うわ。
1曲の作曲自体、繰り返しが必要だってのに・・・

そりゃ、感想は人それぞれなんだけどねぇ。
分かってるけど★が半分減ったのがやっぱ、納得いかない。
宝物を否定された気分で・・・^^;

藤巻氏Blogやtwitterで常連のkumaNo.362さんが
先に投稿していらっしゃったんだが、
私もなんか腑に落ちなくて書いちゃったんよ。


まぁ、感想ダラダラだとよくないんでかなり端折った。
最初に考えた文面は以下。


--------------------------------

≪音楽だから「楽」しく「音」で勉強しよう!≫


小中学校の縦笛くらいの楽器経験しかない初心者の私にでも、
分かりやすくとても楽しく勉強できる良書&音声講座。

初心者の場合、この本や付録の音声講座を最後まで1回通しても
理解できない点はたくさんあると思う。
しかし音声講座を最初から最後まで何度も繰り返し聴くうちに、
最初の段階では聴き取れなかった部分が
徐々に聴こえるようになってくる。
そうすると説明の意味を理解しようとする「余裕」が自然に生まれ、
そのタイミングで自分の成長も合わせて実感でき、
「更に掘り下げてもう一度聴いてみよう」という姿勢にもなってくる。
だから途中で投げ出さず、成長を信じてこの本で勉強してみてほしい。

もちろん、この本だけでは習得できない知識もある。
音楽理論は100ページ、200ページでは絶対収まらない膨大なもの。
そんな時は一旦、
(補填として)別の本やインターネットで調べたりして勉強し、
そしてその知識を元にもう一度、この本に戻ってみてほしい。
そうするとより一層、この本の内容の良さが感じられると思う。

特徴である「音声講座」は他の本の付録によく見られる、
「単なるいい音データ」とは別次元である。
例えば実際に鍵盤を弾いて
「音の流れの気持ちよさ」や「音の濁り」を
ピンポイントで説明してくれる点は、
初心者には非常にありがたいものだと思う。

講座内でたまに意表をついて「小ネタ(笑)」を挟む時もあるが、
逆に「人間くささ」が出ていて「初心者の壁」を
何となく低く感じさせてくれるので、
(少なくとも私は非常に)好感が持てる。

--------------------------------


ホントに言いたいことだけど、実際これじゃ長いよな。
社員乙!と言われちゃうもんな。(社員じゃないけど(笑))


推敲だけで3時間超え・・・orz
あぁ、仕事中も時々考えてたからもっとかな。
明日は寝不足確定だけど少なくとも安心して眠れる。


藤巻氏へ直接は言わないけど、こっそりこの場で一言。

★3つのような「普通」の評価がないのは
実はとってもとっても すごいことなんだぜ!!


(・・・もっとすごいことになっちゃいました :2014/12/25時点) 

microKORG XLのボコーダーの話

2010年10月16日 【 031.構築/トラブル


microKORG XLにはマイクが一緒についている。
実はこれを使ったことがなかった。

コルグ シンセサイザー/ボコーダー microKORG XLKORG MK1XL MICROKORG XLコルグ シンセサイザー/ボコーダー microKORG XLKORG MK1XL MICROKORG XL
()
コルグ

商品詳細を見る


サンプリングCDを聞いている時、
ふと思い立って押入れからそのマイクを引っ張り出してきた。

ってことでFL Studio9と連動する流れをざっと紹介。
おっと、AUDIOケーブルはちゃんとつないでおいてね。
つなぎ方はこちらから。


1.マイクを装着

 まずはマイクを本体フロント・パネルに装着。
 ※ドキュメント8ペ-ジの図の18番


2.リア・パネルのスイッチを変更

 XLRとLINEの切り替えスイッチが
 背面のAUDIO IN枠内にあるので「XLR」に設定。
 ※ドキュメント10ペ-ジの図の4番


3.PROGRAM CATEGORYの設定

 本体フロント・パネルのデカいノブ右側
 8の「VOCODER/AUDIO IN」に設定。
 ※ドキュメント8ペ-ジの図の6番


4.PROGRAM GENREの設定

 本体フロント・パネルのデカいノブ左側
 とりあえず6の「HOUSE/DISCO」に設定。
 液晶では「ROBOTVOC」と表示。
 ※ドキュメント8ペ-ジの図の5番


5.録音・・・の前に

 ステップシーケンサーにピアノとかドラムなどがあると
 下手すりゃ鳴ってしまったりする場合があるので、
 「Sampler」あたりにしておくといいかな。
 Channel settingsのFXはとりあえず1番でやってみるよ。


6.Mixerの設定
 
voco_s.png


 Mixerの設定をしよう。
 右上をAUDIO INとなるように設定し、
 その下にEdisonを登録する。
 録音した後でイフェクタをかけるのもいいが、
 録音時にイフェクタをかましてみるのも面白いかも。

 注意点。
 図の左下の赤丸で囲ってある黄色いマークは
 録音時はクリックして消しておこう。
 マスターに音が流れてしまうので。
 (サーって感じの音が聞こえていると思う)

 あとはEdisonの録音ボタンをポチって
 鍵盤弾きながら喋りまくろう。

 終わったら右上のINをnoneにして
 録音データをEdisonの画面で保存しておこう。



有識者から見ると
何か面倒なやり方になってしまっているかもしれないが、
こちらも勘でやっているので許してちょうだい。
 

あそビバーチェ! 行ってきた

2010年10月10日 【 030.音楽全般


シンセサイザーフェスタとあそビバーチェ!公開生放送に行ってきた。

とにかく新宿の中途半端な場所にあるので
雨の中、行くのに迷った。
シンセサイザーフェスタの方はセミナーは参加しなかったのだが
展示は見てきたよ。
新しいシンセもあったけどヤバいくらいレトロなのもあったね。
ちなみに期待するほど大きなイベントではない。
IMSTA FESTA以上、楽器フェア未満、という規模かな。
#公開生放送で誇張しすぎww

個人的にテノリオンが触っててかなり面白かった。
音は単純だけど、リズム作りが楽しい。
10分くらいかけて本気で作ってた。
高いんだよな、あれ。
1万なら絶対買うわ。


さて、あそビバーチェ!公開生放送の方だが
きちんと予約していったので余裕の着座観覧。
っていうかリハからずーっと見てたので、
「全て予定通り」な裏展開も実は知った上での本番。


いやぁ、よかったよなぁ。
ニコ動で(タイムシフト含めて)見た人いる?
楽しかったわ~。


元から司会のYUMIKOがわりと「お気に入り」だったんだけど
セーラー服着てた人。「れな」っていうんだけどな。
この人、動画見る以上にリアルがいい感じの女性だったぞ。
ちょっと驚きだった。
結構いろんな表情する人だったなぁ。
早弁もする人みたいだけどww

ちなみに下の写真で振りむいている女の人ね。
右にファミコンの人もいるね。(サ○モト教授)

asob1.jpg



・・・・ってのは置いておいてw


メーカー製品プレゼンのコーナーはたまらなかったな。
特に緑の人(DETUNEの人)、すげーわ。
「俺、給料もらったらDS買うんだ・・・」的な気分にさせてくれた。
YAMAHAの青木さんはいろんなイベントで見てるので
相変わらずさすがだと思った。


それにしても生演奏はいいよな。
やっぱり迫力が違うよ。
帰ってきてからニコ動見たけどさ。
会場は全然違ったぜ、やっぱ。


それにしても私のそばに座っていた女性がなぜか気になった。
ファッションセンスは(個人的に)非常に残念な人だったのだが、
髪の毛の色が少し変わっててな。
赤でも茶色でもない、なんかレンガみたいな色でね。
あんまりそういう色を見たことがなかったのさ。
(男女限らず、ヘアカラーはちょっと気になる人なので)

まぁ、ちょっと見てそう思っただけなんだが、
ラストの演奏の時、なぜか席立って前に出て行ったんだよ。
動画にもアップで出てるけどさ。


あれ?もしかしてニコ動的に有名な人なの!?


そういえばMIDIやボカロの受賞作発表で
顔出しNGの人おったやん?実は会場にはいたんだけどね。
でもその女の人、「あそこにいるよ」的なジェスチャーを
しまくっとったんよ。
「え?知ってるわけ!?」って思った。


生放送も無事終わった後、
メンバーが記念撮影してた。

asob2.jpg


ヤバいメンツ、揃いすぎだろwww


ファミコンの人なんだけど、
素顔を見た感じは普通の若者だったけど
年齢よりは若く見えたかな。
あと、パフォーマンスする時とそうでない時は
少し熱力(オーラ?何て言えばいいんだろう・・・)に
差があるのかもな、ってのが個人的な直感的な意見。
でもいい人なオーラは出てたよ。
声かけたかったな。


まぁ今回も一途のライブに続き
得られたものはあった気がする。
松武さんもいいこと言ってたしね。


「好きなことは続けてなんぼ」だぜ!
 

不思議に思うこと

2010年10月05日 【 500.戯言/その他


一度も外国に行ったことがないからだと思うけど、
隣の国と陸続きのイメージがよくわからず、とても不思議に思う。

昔、某番組でやっていた大陸横断ヒッチハイクとか
結構見てたけど、
「せーのっ!○○○(国名)に入った~!」
みたいな感覚。あれがわからん。
ちなみに目黒区から世田谷区に毎日出入りしているが、
区の境界線超えても何も思わない。(そりゃ当たり前だ(笑))

でも、ああいうもんなんでしょ?
あるところで線引きされているわけだよね?
まぁその手前でパスポートみたいなもの見せたりは
あると思うけど。

でも昔は日本の国内にも「関所」というものがあって、
あれがある意味、国境と似た存在だったんだよなぁ。
関所自体の目的は全く違うけど。


やはり一生に一度くらいは大陸を見ておくべきなのかな。
ハワイとか台湾とかのレベルじゃなくて、
やはりヨーロッパとかアメリカとか
大陸の大きさが肌で感じられるようなところ。


昔、もうちょっと「英会話」を重視して勉強しておけば、
大陸に足を踏み入れる勇気があったかもなぁ・・・
 
プロフィール

Author:らんばーど





-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

広く浅く、内容薄く。
自分のペースで楽しく学ぶ。

あなたに役立つ情報が
奇跡的にここで見つかれば
嬉しいですね。
※拍手歓迎(笑)

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

【64bit環境】
Windows7 Professional
Core i7-3930K C2-Step
16GB RAM

【32bit環境】
WindowsXP Professional
Core2 Duo E8600 3.33GHz
4GB RAM

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

【音楽の目指すポジション】

自分の気持ちを
素直に表現できる、
そんな音楽が
作れるようになりたい 

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

記述内容の正確性、
および動作保障等に関して
一切責任をもちません。

カテゴリ
ブログ内検索
最新記事
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。